2010年08月22日

国語辞典とともに

最近の小学校では、どの授業でも「国語辞典」を傍らに授業をうけている学校が多いらしい。あくまでもテレビで観ただけの情報なので、確実な事はいえないが

授業中に分からない言葉・難しいことばがあったならば、皆で一緒に引いて調べて、調べた所をチェック・ふせんをするという方法だ。

年間1000語を調べる人もざららしい。

そう言えば、昔「広辞苑クイズ」と言う遊びを友達とやっていた。

用語の意味を言ってその、単語を当てると言うものだ。

なかなか当てれるものではなかったが、結構楽しかった。

最近は分からない事があれば、すぐにネットが解決してくれる。非常に便利になった。本を読み漁り調べた日々が懐かしい

ひと手間かけて「調べる」・・いいのかもしれない
posted by たかみ at 22:19| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

離れてみて、初めて実感する「重要性」

先日、彼女と一緒に僕の実家に帰省した。

10月に入籍をするため「顔見せ」に

今回はそれがメインで北海道に帰省したが、勿論観光もした。彼女が北海道初めてなので、入念に計画し実行した。

なにせ、北海道は広く都市部を離れると「車」が必需品となる。神戸からフェリーで(舞鶴〜小樽)20時間かかるので・・レンタカーを借りて移動する事にした。

予算と借りるタイミングの関係で何度かJR(汽車)を使う事になった。
実家はかなりの田舎で、上下線合わせて一日15本未満。非常に利便性の悪い所だ。

彼女は実家に泊らず、割と交通の便が良くホテルのある街へ。約1時間30分くらいの所

朝6時10分の始発に乗って彼女を迎えに行く

「カタンコトン・カタンコトン・・・」

単線を走る一両編成の汽車から、定期的に「心地よい音色」が聞こえてくる。

右側に海を望みながら、ふとこんな事を思った
「学生時代不便だな、大人になったら汽車は使わないだろう・・と思っていたが、いざ移動手段がないと、こんなにも重宝する物なのだ」・・と

車窓から見る「10年ぶりの」景色は変わりなかった。しかし、過疎化の現状が所々に見えた。


明日から映画公開される「ハナミズキ」のシーンで地元から近い漁港町「白糠町」が出る。話しの内容にも興味があるが、過疎化の進む北海道の田舎町が舞台となってるあって、是非見てみたいと思ってる


posted by たかみ at 21:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

一国一城の主、膨らむ夢!それナニ?ナニック

本当に久しぶりの更新である。

現在、自分は賃貸マンションに住んでいる。オールフローリングでなかなか気にいっている。しかし、将来的には「自分の家を持ってみたい」と言う、ささやかな夢もあったりする。

間取りや、デザインを全て自分や奥さん好みに仕立てて、生活出来ると言う事は何よりの楽しみだと思う。

建築様式は「和風・洋風」どちらでも良いと思う。

色々な「からくり仕掛け」を作って忍者屋敷みたくしてみたり(笑)

そんな激しい妄想をしながら、先日こんなサイトを見つけた。

カーテンのサイト(ナニック)である。

我が家は現在「完全遮光・防火」のカーテンを付けている。日中でも、光が入って来ず、エアコン代も節約に大助かり。デザインも無地でシンプル加減が気にいってる。

もし持家につけるなら・・と考えた時に、このナニックのウッド調の縦方カーテンに心惹かれた。木目は和風でも洋風でも合うと思うし、極端に流行り廃りがないので、付けやすいと思うし、これをオプションの「全自動式」にしたら、さらに楽に開閉ができて便利さが増すと思う。

さらにさらに、将来的な技術開発を要望するなら・・・不可能かもしれないけど、カーテンは日中、太陽光を絶えず浴びているので、この浴びている太陽光エネルギーを、電力に変換してその部屋の照明電力を補う・・・・なんて事が出来たらエコがますます増すと・・・思う・・・

カーテンは絶えず外から見える物、あまり目の行き届かない部分かもしれないが「隠れオシャレポイント」として、家をコーデするのもありかもね。
posted by たかみ at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

縁起を信じる

昨日の土曜日、長年付き合ってきた「ある物」とサヨナラをした。

20歳の春から使用しているもので、約7年間使ってきたことになる。

それは「お財布」

今まで使ってきたのは「paul smith(ポールスミス)」のコードバン、二つ折り財布。色は紺色。表側は無地の紺色。内側のマチの部分にはさりげなく「紫色」の裏地を使っている。
友人の結婚式に、その人の地元の「ポールスミス コレクション」で、貯めたお給料で買ったものだ。

よく、お財布は3年使用したら買い替え(あまり、同じものを長期間しようする事は勧められていなかったり)だったり、お金持ちの人のお財布を頂いて使用すると、お金周りが良くなるとか、あと、財布の買い替えは「春(2月〜3月)」にするとよい・・・・などなど


所持品をボロボロになって、なおかつ修繕して使う僕にとって、少々いたましい(もったいない)気がしたが・・たしかに今まで使用していた財布も、糸の解れだったりが目立ってきていた。

そこで、彼女がお気に入り(ぼくもお気に入りの)お店「土屋鞄製作所 神戸店」に行きお財布を購入する事に。
これがお店のホームページ
http://www.tsuchiya-kaban.jp/
これが商品のページ
http://www.tsuchiya-kaban.jp/fs/a184/purse-mens-long/505
地図と住所

 土屋鞄製造所・神戸店

 兵庫県神戸市中央区山本通3-14-14 1F
 078-272-1450 (店舗直通)


コードバンとはまた違う感じを、所持して見たかったので、ブラウンのこの商品を選んだ。

以前に、このブログで紹介したが今回改めて購入する事になったので、重複になるが、貼り付けてみた
posted by たかみ at 20:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

夢からのお告げ

人は一生の間、何回夢をみて何種類の夢をみるのだろうか?

正夢だったり、何回も同じ夢をみることも少なくないだろう。

ぼくには「ある夢をみると、その近日中に必ずと言っていいほど起こる事柄がある」

それは「仕事をしている夢だ

これまでに何種類かの仕事を経験してきて、必ずその仕事の時に必ずと言っていいほどみる

たとえば、倉庫で働いている時は「フォークリフトに乗って、一生懸命トラックに出荷荷物を積んでいる夢」
やっても、やっても荷物は減らずに、ひたすらトラックに積み込みしている・・・
この時は、北海道に住んでいて丁度「十勝沖地震」があった。地震の片付けで2週間くらい朝6時〜夜9時位まで残業続きだった。


もう一つ、最近みた夢だが港湾で働いていて、ひたすら鋼材(鉄板とかパイプなど)を船に積み続ける夢。この時も残業続きだった・・・


この種類の夢をみたあとは・・・・必ずと言ってほど『風邪をひく(体調を崩す)』

しかもこれが不思議で、一番忙しい頂点ではなく、その直前にみる。そして忙しさがゆるんで来た時に・・・風邪

必ず1週間以内に!!

体調不良が起こりますよのサインなのかも
posted by たかみ at 22:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。